黒潮躍る九州玄界灘から「壱岐の雲丹」をお届けします

ようこそ千早水産HPへ



 九州北部の玄界灘に「壱岐」という島があります。福岡県の博多港から高速船で60分と近く、その美しい自然は国定公園に指定されています。近くを流れる黒潮の恵により多種の海草が繁茂し、ウニがよく育つ豊かな磯が点在しています。当店「千早水産」は、永年この島で「うに製品」の加工製造をしております。地磯でとれた新鮮なウニを原料として独自の製法で製造しています。ウニ漁シーズンには店主自らウニ漁に出て頑張ります。壱岐産ウニ100%です。丹精込めて造りました店主こだわりの逸品を九州玄界灘からお届けします。



九州北部の地図




磯漁の様子




殻を割った紫ウニ




塩水で洗った紫ウニの卵






店主プロフィール



0
子供のころ遊んでいた海岸


 店主の「村野」と申します。家から車で5分、美しい海が広がる海岸に出ます。子供のころ夏休みに銛で魚突きをして遊んでいた海岸です。ウニ漁は潮が引いている間の漁で、石をひっくり返して石の下にいるウニを獲ります。波があるときはバランスをとるためにかなり体力を使います。漁をしていると、石に付いた貝や虫を狙ってフグが集まってきます。貝は先に獲らないとフグに食べられてしまいます。かわいいですが油断できません。潮が満ち始めたら漁はそろそろ終わりです。帰りに漁をした海を眺めると遠く水平線まで美しい海が広がっています。心地よい疲労感と幸福感に充たされる瞬間です。





   


プライバシーポリシー 免責事項 著作権



↑ ページの先頭へ